車の洗車はワックスとコーティングのどちらがおすすめ

車のボディーをきれいに保つ方法に、ワックスとコーティングがあります。ワックスとコーティングの違いは効果と成分にあります。ワックスは車の輝きを増すためのもので、塗り上げてからしばらくの間は美しい艶を保つ事できます。しかしながら、雨などによりワックスの成分は取れてしまいます。乗り逃げされないカーセキュリティーと誤作動の少ないカーセキュリティーは千葉県の専門店です。専任スタッフがカーセキュリティーを責任もって取り付けます。

一方コーティングは、汚れをそのものを付きにくくするものになります。逆にワックス程の艶感はありません。又、ワックスはロウの成分を主体、一方コーティングは、化学物質の高分子成分を主体としたものです。又、価格にも差があります。ワックスは何度か使用できて数千円程度で済ます事ができますが、コーティングでは1回の施行で数万円は掛かります。もちろんコーティングの方法にもよりますが価格は高い分、数年間は効果を維持できものは多いです。この様に両者それぞれ特徴がある訳ですが、どちらが良いのかは人それぞれの考え方によって異なります。

こまめに手入れを行う方であれば、ワックスの方が美しさを持続できますし、逆に手入れがあまり得意という方には、お金は掛かりますが、コーティングがおすすめです。ただし、コーティングを施したからといって手入れが不用という事ではなく、月に一度の水洗い洗車をする事でその効果を発揮出来るのは忘れない様にしましょう。