クォーツガラスコーティング特殊な施工方法

クォーツガラスコーティングは吹き付けコーティングを施工した後にトップコートを塗付します。
塗装面やドア内、ホイール、タイヤハウス、エンブレム周り、フロントグリル、樹脂パーツなどにも施工することが可能です。耐熱温度も1100℃まで対応の無機溶剤コーティングとなり、多くの方に指示頂いている商品です。
また、コーティング被膜が固くて丈夫なため、耐スクラッチ性能にも優れたガラスコーティング剤です。
親水性被膜で水玉の影響による雨染みも劇的に付きづらくなる商品なのです。
ガラスコーティングには撥水、親水、疎水と様々な特性がありますが、親水性コーティングの中で最も優れたガラスコーティング剤がクォーツガラスコーティングなのです。
メリットとしては洗車の頻度を減らすことが出来るようになり、光沢や耐擦り性能も向上する完全無機溶剤の吹き付けコーティング剤なのです。
クォーツガラスコーティングを施工させる際には、JQC「ジャパンクォーツクラブ」のロゴが入った商品をオススメします。JQCはジャパンクォーツクラブに入っている企業しか取扱いのできない商品です。