ボディコーティングを施工した後のメンテナンスについて
ボディコーティングを施工した後のメンテナンスを皆さんはどうされていますか??
このメンテナンスをさぼってしまうとコーティングの寿命も短くなってしまいます。

「ボディコーティングをしたからといって日頃の洗車は水洗いでOKという認識は間違いです」
正しいメンテナンスがコーティングの寿命を延ばすと同時に、コーティング被膜を常にきれいな状態に保つことができるのです。
その点を踏まえて、下記のポイントをしっかりと抑えて下さい。

 

●自分で洗車する場合

自分で洗車をする場合はスポンジで十分です。間違ってもフェイスタオルやブラシなどで洗わないように注意が必要です。
フェイスタオルやブラシは塗装面に傷をつけてしまう可能性があるので、出来るだけ柔らかいスポンジで洗車をすることをお勧めします。
※流水でスポンジを使い洗車する場合は塗装面に傷が付きにくいよう注意して下さい。

シャンプーで洗うか水洗いだけかは、しっかりとシャンプーで洗うのが理想です。
シャンプーを使用することで塗装面の滑りをよくするため、摩擦が減ります。
洗車後はしっかりと、塗装面の泡を洗い流してくださいね。洗剤が塗装面に残ったまま放置するとシミになってしまいますので、、、
高圧ガンを使用すると、砂利や埃などを水圧で飛ばすことができるので、ガンの使用をお勧めします。

「使用するシャンプー」
シャンプーで使用するものは、中性洗剤でも大丈夫ですが、弱アルカリ性のシャンプーがおすすめです。排気ガスなどの有機系の汚れ「油汚れ」
は弱アルカリ性のシャンプーが落としやすいため、シャンプー選びも重要な要素となることを覚えておきましょう。
シャンプーでしっかりと洗うことで、目には見えない汚れをしっかりと分解することができます。
しかし、種類によってはシャンプーの使えないコーティングもありますのでご注意くださいね。
また、撥水剤入りのシャンプーなどの使用はNGです。
これらの撥水剤は油のようなものなので、一時的には光沢があがり綺麗に見えますが、コーティング被膜の上に油の被膜が乗ってしまうと
コーティング被膜が劣化してしまう原因にもつながります。
まあ、通常のコーティングであればシャンプー洗車しても全く問題ありません。

「洗車を行う最適な環境」
洗車をする際はホースからの流水で洗車できる場所が良いでしょう。よく、見る光景でバケツに水を汲んで、その水で洗っている風景を見かけます。
泥や汚れなどがバケツにたまってしまうことと、泥や砂利が塗装面に付着している状態で洗車をすることになるので、傷がつきやすくなってしまうのです。
自宅の駐車場や洗車場で行う際はきちんと水が流せる場所で行うことをお勧めします。

「洗車の手順」
①ホイールやタイヤの洗浄
タイヤ回りは意外と時間がかかるので、最初に洗います。ボディを洗ってからだとホイールを洗っているうちに、ボディの水分が乾いてしまいシミになります。
また、タイヤを水で流す際にもボディに水分が付着してしまい、二度手間となるので、ホイールからしっかりと洗いましょう。
ホイールを洗う際に適した溶剤は弱アルカリ性の溶剤です。
ホイールやタイヤは油汚れが塗装面よりも付着しますので、油汚れが落ちやすい弱アルカリ性の溶剤がおすすめです。

②水をかけ、塗装面の汚れを水圧で落とす
まずは上から下にかけてしっかりと水をかけ、塗装面を洗っていきます。
スポンジで洗う際の順番も上から順番に行うとよいでしょう。
この時に注意しなければならないことは気温が厚くないときに行うことです。塗装面の温度が熱かったり、気温が暑い場合は水分が乾いてしまい、必ずシミになります。
この点をしっかりと抑えてから洗車をすることをお勧めします。

塗装面の温度が熱い場合は、水道水でしっかりと塗装面の温度を下げることです。
どうしても直射日光が当たるような場所で温度を下げられない場合は側面から先に洗っていきます。
洗い終わった段階で軽く拭き上げて、上面を洗っていくことでシミになりづらくなります。

●業者にお願いする場合

自分で洗車をするのが難しい場合はガソリンスタンドや洗車専門店でお願いすると思います。
そのようなお店にお願いする場合は、丁寧に洗車をしてくれるかどうかです。
お店によっては汚れた雑巾などで洗車する場所もあるので、洗車をお願いしたのに塗装面に細かい小傷がついてしまったということも少なくありません。
アルバイトが洗車をするとそういうことになりかねないので、しっかりと対応してくれくかどうかを予め確認しておくことが重要です。

★ワンポイントアドバイス

・屋外での洗車屋さんの場合、強風時や混雑時は避けましょう。また、炎天下が当たる場所での依頼はシミになるので避けましょう。

・混雑時は施工が雑になる場合が予想されるので空いている時を狙いましょう。

●ガラスコーティング後の洗車における注意点

 

○ 炎天下での洗車は避ける

塗装面の温度が上がると、水道水が乾いてしまい、カルキや洗浄剤などが乾いてしまいコーティング被膜の上にシミをつけてしまいます。
この類のシミは洗車ではなかなか取れないほどのシミとなりますので、十分な注意必要です。
万が一シミがついてしまった場合は無理に取ろうとせず、コーティングを依頼した業者に相談しましょう。
洗車に最適な時間帯は日が昇る前、もしくは日が沈んだ後がおすすめです。

どんなに良いコーティングをしても、ボディコーティングで普段の手入れを怠らない。それが大事です。

 

○ 花粉や黄砂などの汚れや虫の死骸はすぐに落とす

鳥の糞は酸性の物資となり、花粉や黄砂はアルカリ性の汚れとなります。アルカリ性は塗装面に浸食してしまうため、塗装面が劣化し磨いても取れなくなってしまいます。鳥の糞も塗装面を剥離させることがあるので、早めに洗車して落とすことが重要です。
万が一付着した場合はその部分だけでもよいので、ウェットティッシュやクリーナーを使用して取り除いてあげるとダメージを防ぐことができます。

上記の汚れをそのまま放置していると、コーティング被膜を破壊し、塗装面に汚れが浸食してしまうので、出来るだけ早めに取り除くことが重要です。。

 

○ 洗車終了後の水滴は出来るだけ早めに取り除く

絶対にやってはいけないこと!
水道水をかけて放置する。
これは水道水に含まれるカルキなどで塗装面にシミを付着させてしまします。
磨いても簡単には取れなくなってしまうので、放置することはやめましょう。
また、洗車後はすぐに水分を拭きあげるように工夫しましょう。

○ 雨にぬれたら早めに洗車する。

コーティング被膜を痛める原因や酸性の汚れとアルカリ性の汚れです。
雨は酸性となるため、酸の物質が塗装面に残ったまま放置しているとコーティング被膜が酸化していきます。
出来るだけ早めに洗車をすることが、長く、綺麗に保つ秘訣です。

しかし、雨に降られた後、洗車をせずに雨を拭きあげる行為はNGです。
塗装面に付着した砂利などでコーティング被膜に傷をつけてしまうからです。

 

○ ボディを傷つけないためには

むやみに塗装面に触らないことです。洗車以外は触らないようにしてあげた方が塗装面に傷をつけません。
特に濃色車は危険です。埃を塗装としてタオルなどで拭いてしまうと一発で傷になります。

<注意>

撥水剤やワックスなどはコーティング被膜の上に余分な被膜を形成してしまうので避けましょう。
汚れたらコーティング専用のメンテナンス剤を使用していきます。ボディコーティングで少しでも憂鬱を軽くしましょう。

 

PR|コーティングメンテナンス