ガラスコーティングの効果を愛車に

ガラスコーティングに必要は性能はコーティング被膜の厚みやコーティング効果の持続期間などで愛車に施工する商材を選ぶことが重要です。

ガラスコーティングの仕組みを被こととでお伝えすると車の塗装面上部に形成する透明被膜を塗付します。塗装表面にコーティング被膜を形成することにより塗装表面の色褪せなどの劣化から愛車を守るシステムです。カーコーティングには「ガラス系」の商品があります。
有機溶剤と混同されているためガラスコーティングとは別のタイプになります。

無機質であるガラスのコーティングは、文字どおり有機物を含まれていない製品です。
無機質ガラスコーティングは空気中の水分や温度で化学反応を起こし、定着・効果していきます。

しかし、ガラス系のコーティングは、フッ素化合物やケイ素などのガラス繊維をポリマーなどの科学物質と反応させて定着させるため、耐久性に乏しいのです。

時間の経過でガラス系コーティング被膜が劣化する物質が含まれるため、無機質ガラスに比べて寿命は衰えます。