洗車の時のコツはボディに傷をつけないようにすること

洗車の時に気をつけることはたくさんありますが、まずはボディに水をたっぷりかけて、ほこりや砂をきれいに落とします。これをしないとボディにスポンジなどの磨きキズがついてしまいます。
その次は石鹸をたっぷり石鹸を含ませてボディを洗っていきますが、この時ボディの上の方と下の方でスポンジを分けるのがポイントです。下の方は泥や砂がついて汚れていますので、上の方に傷がつきやすくなります。また洗うときにはあまり力を入れないように注意してください。

そして洗い流すときは石鹸の成分が残らないように、しっかり洗い流すことが大事です。石鹸の成分が残っているとボディのシミの原因になります。またボンネットやドアの継ぎ目などに石鹸の成分が残っているのでここにもしっかり水をかけて洗い流してください。
最後はふき取りですが、ボンネットやトランクなどの裏側にも水がついていますので、これもしっかり洗い流すようにしてください。