ガラスコーティングが支流

一昔前まではポリマーコーティングやワックスなどが支流でしたが、近年はガラスコーティングが支流です。
しかし現在でもガラスコーティングとガラス系コーティングが存在します。
ガラス系コーティングとはガラスコーティングに有機系溶剤を含めたものです。
ガラス系コーティングはガラスコーティングの濃度が薄まっているため、耐久性も半減します。
ガラスコーティングとは無機溶剤のため、紫外線による劣化が無く、酸性雨にも強い商品です。

一般的なガラス系コーティングは有機質が含まれているため艶の向上には優れておりますが、紫外線や酸性雨からの保護には程遠い製品となってしまいます。
カーディーラーなどのコーティングは大半がガラス系コーティングのため、艶の向上では優れておりますが、塗装面の保護にはガラス系コーティングの方が性能が高いのです。

新車時にカーディーラーでガラス系コーティングをしたのに半年や1年でコーティングが無くなってしまったといった相談も多いのが事実です。その理由は有機質コーティングの耐久性が低いためです。きちんとコーティング性能を理解した上で施工することをオススメ致します。
無機溶剤で代表的な商品はクォーツガラスコーティングとなります。