車の輝きはコーティングに行き着いた。

私は39歳、車好きで洗車ばかりしています。

専門知識がある訳ではありませんが、18歳から車に乗り洗車に関しては何度もカーショプの方や友人と語りあってきました。

”炎天下では洗車はしない”や”風の強い日は埃が舞うからダメ”など常識と思われる事も語り出すと熱くなり、意見を交換するうちにいろんな知識が身につきました。
その中でも今回はワックスとコーティングについて書きたいと思います。

そもそもワックスとコーティングの違いについて簡単に説明すると、長持ちするかしないかです。
艶、輝きは若干ワックスの方が勝ると思いますが殆ど変わりません。
ワックスは昔からとても良い商品が充実していて、成熟していると言えます。

コーティングと比べると比較的経済的ですし、手軽に自宅や洗車場で施工する事ができ使用率も高いと思います。
逆にコーティングはコストが高く簡単には施工できません。
しかし時代はガラスコーティングが主役になっています。

メリットは単純明解で艶と輝きが長く持続するところです。
簡単に雨などで剥がれ落ちるワックスとは違い1年ぐらいほっといても、効果を維持します。
それがどれ程魅力的な事か、車を磨き込んだ経験のある方なら分かると思います。

この先技術の進歩と共に、ガラスコーティングのコストが下がり施工も自分で手軽にできる時代が来る事を心待ちにするところです。