クォーツガラスコーティングは弱親水性

ガラスコーティングの比較すべきポイントは、コーティング成分が有機系、無機系なのかということです。ワックスやポリマーコーティング、ガラス系コーティングはほとんどのものが有機系溶剤を含むコーティング剤です。有機系コーティングは無機系コーティングに比べ劣化しやすいという点が挙げられます。
当然、無機系溶剤の方が性能が高いため、高額な商品が多いのも事実ですが、コストパフォーマンスで考えると有機系の安価なコーティング剤を年に何度も行うよりも、高額で性能が高い無機系溶剤の方が理想と言えます。

無機ガラスコーティングは紫外線、酸性雨などに強く長期的に綺麗な状態をキープすることが可能な商品です。クォーツガラスコーティング のJQCはポリシラザンという無機溶剤をスプレー塗付する独自の施工方法で塗装面を強固に守ります。

クォーツガラスコーティングは弾かない弱親水性被膜を形成するため、デポジットや水玉に巻き込む汚れがつきにくくなります。付着した汚れは水洗いだけで落としやすくなりガラス膜は紫外線劣化しません。
雨の成分に含まれる酸の成分にも強い商品です。