ガラスコーティングの寿命とは

ガラスコーティングは何年持つの?

という声を多く耳にします。
ガラスコーティングは無機溶剤と有機溶剤が存在します。
一般的には無機溶剤のガラスコーティングは劣化することはありません。
しかし、水道水や酸性雨に浸されることによって被膜が徐々に傷んでいきます。
ガラスコーティングを施工して外に出さずにガレージに車を駐車していればガラスコーティングは半永久的に存在します。
ですが、そんな訳にはいきません。
止む終えず雨天走行したり、外で走行することによって埃などが付着してコーティング被膜にダメージを与えます。

そこで、コーティングの寿命を延ばす為に行いたいことは、マメに洗車をするということです。
汚れたら早めに洗車をすることによって、コーティング被膜に汚れを定着させないことです。
また、メンテナンス剤などで、定期的にコーティング被膜についた汚れを取り除くことも、コーティング被膜を長期間持続させるためのポイントになります。