数多く存在するガラスコーティング、自動車の塗装を保護するのに最適な製品として認知が深まってきたので、市場には沢山の製品で溢れかえっております。今回はロングセラーといっても過言ではないクォーツガラスコーティングについて書きたいと思います。

クォーツガラスコーティングとは
クォーツガラスコーティングは親水性ガラスコーティングです。
その施工方法も斬新で、ガラスコーティングをスプレーガンにて吹き付けで作業する商品です。吹き付けで施工ができるため隅々まで施工ができるという利点を兼ね備えております。
それでは一般のガラスコーティングと比べてみましょう。

スプレー工法によるクォーツ ガラスコーティング

一般ガラスコーティングとクォーツガラスコーティングの違い
そもそもガラスコーティングとは親水性ってご存知でしたか?
親水型のガラスコーティングに有機系溶剤「フッ素など」を含めてわざと撥水させております。
親水なのに撥水させる意味は?と疑問に思われた方もおられるでしょう。私も疑問に思ったうちの一人です。あえて撥水させる理由はパフォーマンス性能にあります。一昔前ではテフロン加工やワックスなどが支流となり撥水させるものが多く、年配者から言わせるとコーティングは弾いてなんぼ!と口をそろえて言っております。撥水性コーティングはコーティングが効いているという実感が湧くのです。親水性コーティングは水弾きが鈍いため、コーティングが効いているという実感が湧きにくくなります。
では、塗装を保護する観点から考えた時はどちらの方が効果的なのでしょう。それは、どちらとも言えません。ガレージ駐車や洗車を細目に行う方には撥水性が良いかもしれません。
野外駐車や洗車をあまりされない方には親水性コーティングをお勧め致します。親水性コーティングの利点はレンズ効果による水垢「デポジット」がつきづらいということです。撥水性コーティングは水分が塗装面に残ってしまい、太陽光によりレンズ効果で塗装面にシミを作ります。
雨染み

クォーツガラスコーティングの利点

クォーツガラスコーティングは完全無機溶剤のため、雨染みが付着しづらくなります。多くのガラスコーティングは有機系溶剤を含めているのですが、クォーツガラスコーティングは無機質なのです。
また、吹き付け施工で行うため細かい箇所にコーティングすることが出来ます。そしてクォーツガラスコーティングの最大の利点は自己洗浄能力が高いということです。つまりある程度の雨が降ると汚れも自動的に流れ落ちます。一般のガラスコーティングに比べ、洗車の頻度も著しく抑えることが出来ます。洗車が嫌いな方には絶品の商品です。

水滴

クォーツガラスコーティングの難点
クォーツガラスコーティングの唯一の弱点は耐擦り性能に乏しいということです。施工後の光沢は良いのですが、洗車をする度に細かな傷が付着します。しかし一般のガラスコーティングに比べると小キズが付着にしくいかもしれません。ガラスコーティング専門店で多く取り扱っているクォーツガラスコーティングですが、中には多重層コーティングをしてくれるところもあるようです。クォーツガラスコーティング被膜の上にトップ被膜を形成させたり、クォーツガラスコーティングを何層にも分けて吹き付けたりと施工は様々です。上記のことを念頭に置いて施工する業者選びをおすすめします。

クォーツガラスコーティングと表記されている商品に注意が必要
クォーツガラスコーティングとはディーラーやガソリンスタンドでも施工している業者があります。つまり、クォーツガラスコーティングは正規代理店以外でも取り扱える商品なのです。クォーツガラスコーティングには複数の流通ルートが存在し、ラベルや中身が異なります。主成分は一緒なのですが、含まれている溶剤が異なるのです。ネットの口コミを見てもクォーツガラスコーティングは良かった!
クォーツガラスコーティングは雨染みがつきやすいなどの賛否両論の意見がありますが、どのクォーツを施工したかによって性能に差がでるようです。
クォーツガラスコーティングを施工して後悔しないためにはJQCと謳っている業者を選びましょう。JQCとはジャパンクォーツクラブの略です。ジャパンクォーツクラブとは選ばれた施工店「正規代理店」でしか取り扱えない商品です。施工店選びは慎重に!

クォーツガラスコーティング特徴
クォーツガラスコーティングは静電気を寄せ付けない「絶縁性」や耐熱性「1100℃まで」優れた製品です。親水性コーティングのため多くの優れた効果を発揮する性質がある商品です。

ポイント1 汚防性効果
撥水性の油成分を使用した溶剤とは異なり、完全無機質のガラス膜は弾かず塗装面に水分が馴染みます。親水効果に優れたガラスを使用することで油性の汚れは寄せ付けません。仮に汚れが付いた場合も水洗いで簡単に落とせます。
【写真はホースで水をかけたで降雨時のイメージ画像ではありません。】
親水性のコーティング

ポイント② 表面硬度
一般的なワックスや表面の軟らかいコーティングには油汚れが吸収され水垢などの原因です。そしてクォーツガラスコーティングには最先端の表面硬度測定法で一般的なコーティングの15倍の硬さであると実証されておりますので表面に汚れが入り込みません。
では実質雨染みが付かないのでしょうか?
当然お手入れが悪ければ雨染みは付着してしまいます。時には洗車では取れないシミも付着することがあります。ですが、施工店でのメンテナンスで綺麗に取れてしまうのであまり気にしなくても良いと言えるでしょう。

これまでクォーツガラスコーティングについて話して参りましたが、野外駐車や濃色車には絶品ということです。耐雨染み性に優れたクォーツガラスコーティングはあなたの愛車を長期間綺麗に持続してくれるでしょう。

PR|英語上達の秘訣|ダイエット 相互リンクSeo-P-link Ver3.5|女性向けエステ.com|FX 為替|生命保険の選び方|看護師求人|育毛剤|全身脱毛||看護師 転職|PVランキング|SEO対策相互リンク集|ウルトラ相互リンク|超SEO対策|エステサロン|インターネットFAX|海外バイナリーオプション|ネットショップ 開業|看護師求人ランキング|